Finca

全ての始まりは「カカオ」でした。

メキシコと中米の様々な言語においてチョコレートの語源となったその言葉 「カカオ」は「未知なる世界」の宝石として存在していました。 ヴェストリ家は、30年以上かけてこのエキゾチックな宝石、大地の果実を 愛情を込めて育ててきました。 そして今、そのヴェストリ家の宝石は世界中の老若男女問わず多くの人々の 心と味覚を魅了しています。
伝統あるイタリアの「チョッコラテリーア(チョコレート屋)」は、今も変わらない 情熱を持ち2世代目に受け継がれています。 彼らは成果や賞賛に満足することなく、常に独自の商品開発を行う企業理念 に基づき、味覚への絶えまぬ挑戦を続けています。この挑戦を続け卓越した レベルに到達するためには、偉大な謙虚さと厳格さが必要であり、ヴェストリ 家のダニエーロ、ステファニア、レオナルドは日々チョコレートへの創造を通じ その能力の高さを示しています。
高品質のチョコレートの製造、ヴェストリチョコレートのオリジナリティ確立の ため、ヴェストリ家は企業家として新たな冒険に出ました。 それは彼らにとって最良の選択であったのでしょう。

フィンカ

彼らは「フィンカ(=ラテン語・スペイン語で「畑、農場」)」と呼ばれる 8ヘクタールのカカオ農園を購入したのです。
この農園でヴェストリ家は希少なカカオの種を植え、収穫までの全てを 行っています。この南米に位置する「楽園」は、まったく汚染されていない プンタカーナ島という、農園に最適な場所に存在します。 海から僅か数キロの距離の山系地帯であり、湿度が高く、「カボッセ(カカオの実)」 の成長にとって理想的な条件が整っているのです。
カカオ発祥の地で、ヴェストリ家は身を捧げてカカオのその起源から勉強 することを始めました。どこで、どのようにして、この原料は初めに誕生した のか、500年以上の歴史をを誇る古来伝統の抽出と実の発酵の方法を 慎重に観察し、自ら体験してみたかったのです。
カカオ農園で展開される全てのプロセスの中で、農薬と化学製品を一切 使用しないことは、品質と特性に決定的なように、全ての製造工程を管理 することにより、ヴェストリはお客様に最高品質のチョコレートを 提供することができるのです。